女性

悪臭の原因|ハクビシン駆除を成功させるコツ

危険な外来生物

あらいぐま

タヌキに似た動物

アライグマはもともと日本にいた動物ではありません。北アメリカ原産の外来生物で、タヌキに似た姿をしています。昼間に動物園で見るアライグマはサツマイモやトウモロコシを与えられ、おとなしくしています。しかし人間の生活に害を及ぼすとして特定外来生物に指定され、駆除が進められています。雑食性で何でも食べるのがアライグマです。野生化したアライグマは畑の作物を食い荒らし、時には小動物をも襲う害獣です。夜行性の動物なので、夜間に家屋に侵入して音を立てる、糞尿で天井裏を汚すなどの被害も出ているのです。害虫駆除業者の中にはアライグマも捕獲の対象にしている場合があるため、自分で罠を仕掛けるのが難しい方は相談すると良いでしょう。

してはいけないこと

アライグマの駆除には自治体も積極的に乗り出しており、捕獲器の貸出を行っているところもあります。捕獲されたアライグマは興奮して非常に凶暴になっています。鋭い爪と牙を持っているため近づくと危険です。また狂犬病ウイルスや寄生虫を保有している可能性があるため、不用意に触らずに自治体の担当部署に連絡し、引き取ってもらうようにします。特定外来生物に指定される前はペットとして自由に取引されていましたが、現在では売買することは原則禁止されています。自身で捕獲したアライグマを飼育したり、他の土地に放すことも厳禁です。どんなに可愛らしくともアライグマは駆除対象になっている動物だということを忘れてはならないのです。